食事の内容を記録していくレコーディングダイエットをやってみよう!

食べたものを記録していく簡単レコーディングダイエットを成功させるコツを紹介しています! - レコーディングダイエットを実践する方法

レコーディングダイエットを実践する方法

レコーディングダイエットというのは食事の内容を記録するだけのダイエットです。
最初は食事の内容や体重、体脂肪率を記録していくわけですが、記録に慣れていくとこれらに加えて食事ごとのカロリーを計算していきます。
食事の内容を記録するというのは朝や昼、晩の食事だけでなく、間食やおやつ、何気に手に取ったお菓子も含めて口にしたものを全て記録します。

レコーディングダイエットは記録することによって食事管理が出来るというのが最大のメリットになります。
食べたものを記録することによって後からどういうものを食べたのかということを振り返ることができます。
食べたものを振り返って今日は食べすぎたなという風に感じるのであれば、明日は少しカロリーを抑えめにしようとすればいいのです。
自分の食生活を振り返るうちにこれはいけない習慣なんだなとか、間食しすぎたのでもっと減らそうというように太る原因が具体的にわかってきます。
原因が分かるとそれを少しずつ改善しようという考え方になっていくというのがポイントです。
カロリーを記入していくのを続けるにつれて食べ物を見ただけで、大体どのくらいになるのかが分かってくるものです。
ダイエットを意識しているので当然ながらカロリーが高いよりは低い方が望ましいわけです。
同じ食べ物であってもカロリーが低いものに流れる習慣がつきます。
このやり方の最大の特徴となるのが記録化するということです。
まず記録しないことにはダイエットが始まらないと言ってもいいでしょう。
今日の朝と昼記録するのは忘れたからと言って、夜いっぺんに思い出そうとしても思い出せないという結果になります。
食事した直後にメモを取るとかレシートをもらうなどでしっかりと記録します。
記録するのに苦労するのであればスマートフォンアプリ(http://dietsapuri-review.com/)を利用するというのもいいでしょう。
レコーディングダイエットを実践する時は最初のうちは記録することに専念してください。
最初のうちからカロリー制限をするのは厳禁です。
カロリー宣言よりも記録することに慣れることの方が大事です。
記録に少しずつ慣れてきた段階で、食生活を見直すという風にしたほうが成功しやすいです。
最初からカロリー制限をしてしまうとつらいものに変わってしまいます。
つらい状態になるとだんだんやりたくなくなります。
そうなると残念ながら失敗してしまうという結果になってしまいます。
そうならないためにもレコーディングダイエットを順番通りにやっていくことが大切です。